ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずご紹介するブログです。

【ゲーム】ペルソナ5について紹介!【RPG】

 
 
 
 
 
 
 
 
なゆきでございます!
 
ペルソナアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!
 
ということで、今回はペルソナ5についてご紹介します!
 
今回の記事は『ネタバレなし』です。
 
ネタバレ含む個人的感想は別記事で書きます。
 
今まで気になっていた方、アニメを観てゲームに興味を持った方など、
 
どんなゲームか知らない人向けに書きましたので
 
ご参考までにどうぞ!
 
 
 
 
【発売日】 2016年9月15日
【対応ハード・】 PlayStation3PlayStation4
CERO・】 C (15歳以上対象)
【プレイ人数】 1人
【ジャンル】 RPG
【開発元】 アトラス
【ディレクター】 橋野桂
【サウンド】 目黒将司
【キャラクターデザイン】 副島成記
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が購入したのは発売当日の2016年9月15日。
 
なんとクリアしたのが今年です。
 
のんびーりプレイしている間に、新作ゲームやアニメ化が発表されていました。
 
新作ゲーム はもう今月発売ですね。
 
 
 
アニメは現在放送中です。 

 

p5a.jp

  
 
 
 
 

1.コンセプト  

 
ペルソナシリーズは、日本の学校を中心とした所謂「学園もの」のRPGです。
 
さらに5では、学園ものにプラスしてピカレスクロマンの要素を加えています。
 
ピカレスクロマン……超絶簡単に言うと「悪者を主人公とした作品」のこと。
ちなみにコードギアスペルソナ5の主人公は福山潤さんが声を担当されています。
 
「悪役が主人公なの?」と思われるかもしれませんが、
 
義賊としての側面が強く悪成分はほぼありません。
 
なんといっても今回の主役は怪盗です。
 
普通の学生を装いながら、怪盗団として暗躍する。
 
ゲームではありそうでなかった設定ではないでしょうか。
 
3や4のように学校生活を楽しむというよりは、
 
学生と怪盗の二重生活を楽しむゲームとなっています。
 
怪盗の活動に重点をおいているので、
 
学校生活を思いっきりエンジョイしたい方には物足りないかもしれません。
 
逆に怪盗に興味がある方には持って来いのソフトだと思います!
 
実際私も、怪盗やピカレスクロマンというダークな題材に惹かれて購入しました。
 
ちなみにシリーズものだと、
 
途中のナンバリングから始めて良いか迷う方もいますよね。
 
本作は大丈夫です。
 
ストーリーやキャラの繋がりは一切ないので、
 
過去シリーズ未プレイでも全く問題ありません。
 
シリーズの世界自体は共通ですが、
 
過去シリーズのキャラはほのめかす程度に語られるだけなので、
 
本作から始めても問題ないです!
 
 
 

2.ストーリー・演出

 
すっごーーく、簡単にまとめると「反逆心を武器に悪い大人達と戦う物語」です。
 
どちらかというとシリアス寄りな話ですが、
 
コミカルなシーンもけっこうあって
 
重くなりすぎないように工夫しているなと感じました。
 
 
ペルソナ5で特徴的だと思ったのが、
 
物語全体を通して現代社会の問題を取り上げているところです。
 
サブストーリーやミッション、モブキャラの会話まで
 
あらゆるところに「現実でもあるよなぁ」と思うことが多々出てきます。
 
例えばモブキャラ2人が会話していたので、
 
何気なく近づいて聞き耳を立ててみたらイジメの会話だったとかありましたね。
 
その様々な問題と真正面から向き合って、
 
主人公たちのやり方で世直しをしていきます。
 
 
個人的に押したいのがキャラクターの頭身が上がって動作が細かくなったところです。
 
表現力は確実にパワーアップしているので、CGムービーも見応えあります。
 
FFのようなリアル路線も良いけど、アニメ調にはアニメ調の良さがありますよね。
 
キャラクターがちょこまか動くので、それを見るのもとても楽しいです。
 
 私が映像の綺麗さより、キャラクターの動きの方が気になるんですよね。
 
綺麗に越したことはないけど、それなりで良いからモーションに力入れて
 
物語の演出面を強化して欲しいなとよく思ってます。 
 
 ペルソナ5はキャラがよく動くし、舞台も作り込まれていて
 
本当に見ているだけで楽しいですよ。
 
 
 

3.主人公

 

 怪盗時がとにかくカッコいい!!
 
日常時の姿と怪盗時の姿で全然印象が変わるのでギャップがあります。
 
基本的には喋らないタイプの主人公です。
 
随所に選択肢が出現し、プレイヤーの心情に一番近いものを選べます。
 
メインストーリーの選択肢はほぼ展開に影響を与えることはないので、
 
好みの選択をすることが出来ます。 (※中には重要な選択もあります)
 
通常のイベントシーンでは喋らない主人公ですが、
 
セーブしようとしたり先制攻撃仕掛けたり、ムービーもかな。
 
さもずっと喋ってたようにさらっと喋るので
 
お前喋るんかいと思ってました。
 
主人公もどっちのタイプでいようか迷走中なんでしょうか。
 
一応ゲーム上は喋らないタイプの主人公に属すると思いますので、
 
性格などは設定されていないはずです。
 
シリーズを遊んでくれたプレイヤーや今後の展開も考えて、
 
あまり個性が強くなりすぎない程度に間を取ったのかなーと勝手に考えてました。
 
私としてはどちらの主人公タイプにも良さがあると思いますが、
 
ペルソナシリーズに限っては喋らない主人公の方が好きです。
 
喋らないタイプはプレイヤーそれぞれの主人公像があって
 
そこが魅力だよなと思います!
 
ペルソナ5の主人公は、
 
私の中では行動原理にブレがない一貫した人というイメージでした。
  
 
 

4.システム

 
ゲーム内では日付の概念があり、
 
放課後・夜1回ずつ自由行動すると 次の日になるというシステムで進行します。
 
自由行動出来ずイベントのみで終わる日もありますが、
 
自由行動時の出来ることの幅広さは凄まじいです。
 
RPGには欠かせないバトルやダンジョン攻略。
 
キャラクターと仲を深めて協力関係を築くコープ(サブストーリーに当たる)。
 
主人公育成(知識・度胸・器用さ・優しさ・魅力)。
 イベント発生条件に関わるパラメーター。
 
ペルソナの収集と育成。
 
ミッション(とある敵を倒す)
 
ミニゲーム(釣り、バッティングセンター)
 
他にもアルバイト・勉強・読書・TVゲーム・映画鑑賞などなど。
 
本編には関わらない部分も遊び要素がてんこ盛りです。
 
アドベンチャー好きとしては、特にコープがイチオシ。
 
これがまた楽しいんです。
 
よくある恋愛ゲームの 「好感度を上げてイベントを発生させる」 というものなんですが、
 
それの恋愛に限定したものではなく 幅広い人間関係を取り入れています。
 
キャラクターそれぞれに話のテーマがあって、
 
10段階まであるランクを上げていくと役に立つアビリティが覚えられる。
 
次はどんなアビリティかなーという楽しみもあるし、
 
キャラクターとも徐々に仲良くなれて一粒で二度おいしい。
 
あ、ペルソナ育成のボーナスも上がるから一粒で三度おいしいですね。
 
ちなみに女性キャラとは恋愛関係になれます。
 
 
 
 

5.バトル

 
小難しい操作が苦手な私としては、
 
シンプルかつ直感的な操作が出来て遊びやすいバトルだと感じました。
 
コマンドタイプのバトルシステムでして、
 
時間が流れることなく自分のペースでプレイ出来ます。
 
敵・味方どちらにも属性が設定されており、
 
弱点をつくことが出来ればもう1ターン行動出来る仕組みです。
 
条件は敵も同じなので、1ターン目で敵を一掃することもできれば
 
逆に弱点をつかれて追い詰められることもあります。
 
主人公が戦闘不能になるとゲームオーバーになるため、
 
主人公の体力は常に気にかけていました。
 
油断して「楽勝!いえーい!! 」とか思ってたら即死系の攻撃を受けてしまい、
 
そのままゲームオーバーになったことがあります(笑)
 
 
ペルソナではSPというものを消費して魔法を使のですが、
 
序盤はSP不足になることが多いと思います。
 
SP回復アイテムも中盤まで手に入りにくいので
 
一旦ダンジョンを出て、体制を整えることが多かったです。
 
ダンジョン攻略には期限がありまして、
 
一日に行動出来る回数も限られてますので
 
けっこうみっちりなスケジュールになるかと思います。
 
そこはスキルやアイテムが揃ってくれば解消できますのでご安心くださいね。
 
ちなみに現在2週目プレイ中なのですが、
 
1周目がハードスケジュールだったのに対して
 
2周目が時間に余裕があるのでゆったりプレイが出来て良きかなです。
 
 
 
 

6.ダンジョン

 
敵はシンボルエンカウントといって、接触するとバトルに突入する形です。
 
敵に見つかると追っかけてきますので、
 
「カバーアクション」で物陰に隠れ、
 
敵の急所をついて先制攻撃が基本的なバトルの流れになるかと思います。
 
終盤までずーーーっと、
 
カバーアクションでも敵の前に現れたら見つかると思ってたんですが、
 
全然見つかりません!
 
壁に張り付いていれば大丈夫です!!
 
序盤で気付きたかった!!!
 
個人的にカバーアクションは操作しづらいです。
 
上手く隠れたい方向に行けず、よく焦っていました。
 
でも、壁に張り付いた主人公とそれに対して無反応な敵っていうのは、
 
なかなかシュールです。
 
ダンジョンは数自体そんなに多くはないのですが、
 
一つ一つが非常に長く
 
仕掛けも施されていてテンポよく進めないのが難点でした。
 
 ダンジョンの成り立ちは好きなので、個人的には非常に惜しいポイントです。
 
 
 
 

まとめ

 
ペルソナ5をプレイして思ったのは、やはり圧倒的なボリュームです。
 
久しぶりにここまで丁寧に作り込んだゲームを遊んだなと思いました。
 
これだからゲームは卒業できません(笑)
 
正直さっくりクリアしたい方にはおすすめしづらいです。
 
ストーリーだけ追いかけたくても、かなりの時間かかります。
 
ゆっくりプレイしてたのもあるけど、1週目100時間ぐらいだったかな。
 
少しずつでもじっくりプレイ出来る環境がある方にはおすすめしたいです!
 
 
ストーリーのネタバレ含む記事は別記事にて。
 
ここまで読んでくださりありがとうございました!!
 
 
 
 
なゆき