ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずご紹介するブログです。

【ネタバレあり】ペルソナ5の超個人的な感想!

 
 
 
 
 なゆきでございます!
 
 われはなんじ、なんじはわれ ♪
 
ということで、
 
前回はネタバレなしでしたが、
 
今回は私自身がプレイして感じたことを中心に書きたいと思います。
 
そりゃもう超個人的な感想であります!!
 
なので、若干ですが『ネタバレあり』です。
 
ストーリーに関するネタバレが苦手な方、
 
これからプレイ予定の方、
 
あとはアニメ視聴中の方もご注意くださいね。
 
それでは、行きましょう!!!
 
 
 
 

ペルソナ5のここが好き

 

1. 覚醒シーン

 
覚醒シーンって燃えませんか?
 
作品関係なく、熱くさせるものがあると思うのです。
 
主人公含め、仲間キャラクターには特殊能力を使えるようになるきっかけがあります。
 
ムービーシーンが挿入されるのですが、
 
どのキャラクターも見応えありまくりです。
 
力に目覚める瞬間にペルソナ(もう一人の自分)が語りかけてくるのとか、もう好き。
 
ちょっとメモしていたので新島 誠のペルソナ ヨハンナ の台詞を一部 抜粋します。
 
 
ヨハンナ「せっかく見つけた あなたの正義 どうかもう 見失わないで」
 
 
急いでメモしたので、間違っているかもしれません。
 
全部メモしておけば良かったと今さら後悔。
 
覚醒シーンからのバトルという流れがもうね!!!
 
やってやるわという気持ちにさせてくれるんですよ。
 
ゲームならではの演出で気に入っています。
 
 
 

2. モルガナ

 
本作のマスコットキャラクターです。
 
私の中でのヒロインでした。
 
ヒロインっぽく描かれているキャラクターは他にいますが、
 
ペルソナ5には特定のヒロインはいません。
 
プレイヤーそれぞれのヒロインがいるというのもペルソナの魅力ですよね。
 
現実世界では完全に猫なモルガナなんですが、
 
バッグに入って常に主人公の傍にいてくれます。
 
誰かに会いに行った時とか、近くを散歩してるからと気をきかせて去る猫。
 
ダンジョン攻略後に、今日は疲れてるからもう休もうぜと体調を気にかける猫。
 
久しぶりにパートナーはこいつしかいないと思った作品です。
 
しかもバトルでは回復役。スタメンでした。
 
私が操作する主人公はモルガナなしでは、
 
苦難を乗り越えて行けなかっただろうな。
 
そして、物語の役どころとしては導き役なのですよね。
 
純粋に人間が大好きで、人間になりたいと願っている。
 
ちょっと、モルガナの台詞で感動したのがあったので一部 抜粋します。
 
 
モルガナ「憧れの人間の役に立てたんだ。こんなに嬉しいこと、他にあるかい?」
 
 
ペルソナ5って、人間の嫌な部分もたくさん描かれているんですよね。
 
ボスが今の人間駄目だわ、という立ち位置なのですが
 
モルガナは逆に人間の良さを見つめ続けているんですよね。
 
主人公と共に人間の醜さを見てきたけれど、 それでも人間を好きでいてくれる。
 
ちなみに主人公のお腹の上でモルガナが寝てるシーンがたまに見れるのですが
 
コミカルかつ仲の良さも感じられて、お気に入りです。
 
 
 
 

3.主人公

 

とにかくカッコいいのです! 

 

個人的に作品で一番大事な要素が主人公なんですよ。
 
どんなに物語が良くても主人公が好きになれないと
 
ハマり切れないんです。
 
中には例外な作品もあるけど、
 
大体自分が気に入った作品は主人公への好感度が高めですね。
 
何よりも応援したくなる主人公かどうかが重要なんです!
 
ペルソナ5に至っては行く末を見守りたいと思える主人公でした。
 
困っている人を助けた故に前科ありの少年となってしまったけど、
 
結局彼は困っている人を助け続けてましたね。
 
主人公にメンタル面での成長要素は特になかったように思います。
 
どっちかというと、もう人間が出来上がっているような印象を受けました。
 
コープでも、成長するのはコープキャラで
 
主人公は傍で見守るポジションが多かったです。
 
世の理不尽さを知っているからこそだろうなと納得できました。
 
それにしても高校生にして政治家や医者、ジャーナリストと知り合いって
 
すごくないですか?
 
親友ポジションの竜二が派手に燃え上がるタイプなら、
 
主人公は静かだけど根は誰よりも熱いタイプなのかなーと思いました。
 
余談ですが、選択肢が出現するとふざけた選択肢ばかり選んでしまいます。
 
モルガナ「なんかチクっと言い返せねえのか?」
 
A「警察には言うな」
B「詳しく聞かせろ」
C「チクっ」←
 
 
 
 
 

4.なんか考えさせられるテーマ

 
現実の窮屈さや生きづらさも感じる本作ですが、
 
その中で主人公サイドは「はみ出し者」の集まりです。
 
浮いている。
 
馴染めていない。
 
レッテルをはられている。
 
居場所がない。
 
周囲と距離を置かれているなど。
 
作品の方向性によって登場人物の向き合い方は変わってくると思います。
 
本作の場合、主人公達はあえてはみ出し続ける道を選んでます。
 
怪盗団のやり方が正しいかどうかはさておき、
 
彼らは周囲に批判されても、最終的に自分達の正義を信じて行動していました。
 
自由かつ大胆不敵。
 
キャラクター含めて実に熱いものを内包している作品だと思いました。
 
 

5 .主人公とコープの関係性

 
身近にある仲の良い友人ではなく、 お互いのメリットのために築いた関係。
 
上記のように書くと損得勘定で付き合う冷たい関係に感じますが
 
そんなことは決してないです。
 
なんというのかな。
 
お互いに与え合える、学びあえる関係。
 
コープキャラはそれぞれ得意なことがあります。
 
たとえば、演説が得意なキャラや射撃が得意なキャラなど。
 
主人公は自分から積極的に他者と関わることで、
 
自分の可能性を広げています。
 
相手もまた、主人公との交流を通して自らの問題と向き合っていく。
 
主人公の幅広い人間関係には脱帽しました。
 
個人的に好きなのが、
 
「法王」の佐倉惣治郎。
 
「太陽」の吉田寅之助。
 
「刑死者」の岩井宗久です。
 
全部おっさんなのは何故なのか。
 
「法王」と「刑死者」は家族をテーマにしていたのが大きいですね。
 
「太陽」は放っておけなかった(笑)
 
なんか応援したくなるキャラクターでしたし、エピソード自体も良かったです。
 
最後の演説はジーンときました。
 
他に印象に残ってるのが「運命」の御船千早ですね。
 
テーマは占いで、運命は覆せないと信じる千早のお話です。
 
占いに依存した人々とそれにつけ込む悪者が描かれています。
 
占いに限らず何かに依存することって誰でもあることなので、
 
こういった考えさせられるテーマを扱ったのは良いなと思いました。
 
千早が活を入れるシーンが好きです。
 
 
仲間キャラでは「皇帝」の喜多川祐介が好きです。
 
今回のメンバーの中で和ませてもらいました。
 
ユースケ関連は笑えるイベントも多かった。
 
キャラデザ見ただけの時とだいぶ印象が変わったキャラでしたね。
 
 
 

6.佐倉惣治郎と佐倉双葉

 

主人公の保護者であり、仲間キャラである佐倉双葉の養父。
 
ペルソナ5に限った話ではないのですが、お父さんキャラに弱いのです。
 
しかも主人公と双葉とも血の繋がりが全くないにもかかわらず
 
守ってくれる存在なんですよ。
 
最初はトゲがあるし冷たいなとか思ってました。
 
でも段々と優しい人柄が分かってきます。
 
守ってくれる大人というか、この人が味方なら大丈夫という謎の安心感。
 
主人公の正体知っても受け入れてくれるし感謝しかない。
 
思えば訳あり主人公を預かるのって、中々出来ることじゃないもんな。
 
アルカナの「法王」担当なだけあります。
 
コープのストーリーも一番好きなキャラです。
 
 
そして引きこもりの双葉。
 
個人的に一番感情移入したのは双葉かもしれない。
 
主人公の家族というイメージが強いので恋人にはしなかったのですが、
 
女性キャラで一番好きなのは双葉かな。
 
とても他人事には思えない設定をお持ちなのです。
 
掘り出してみるほど可哀想な設定が出てきて
 
どうしたら良いのかと戸惑いました。
 
すごい苦労してるよ、この子。
 
単純に面白いところも好きです。
 
 
主人公、惣治郎、双葉、一切血の繋がりがなくてもこいつらは家族なんだと
 
じんわり温かい気持ちにさせてもらいました。
 
8月28日の花火イベントはおすすめです。 
 
 
 

7.ペルソナという召喚設定

 
お恥ずかしながら昔から召喚願望というものがあります。
 
呼べるとは思ってないけど、呼べる世界だったら良かったのにと密かに思っています。
 
なんか呼び出したい症候群。
 
そんな理由からか『召喚』という題材に心惹かれてしまうのです。
 
召喚して戦う系の作品がいくつかあるのですが、
 
ペルソナも召喚して戦うので自分にはジャストヒットな設定です。
 
しかも神話や伝承に登場する神や魔物が力を貸してくれるとか素敵すぎませんか!?
 
しかも彼らは心の海に漂うもうひとりの自分なのですよ!?
 
もう滾りますよね?
 
 
 

8.扱われている題材

 
たとえばパレスという名のダンジョン。
 
精神世界だと解釈しています。
 
心理学に興味がある身としては、精神世界を冒険出来るとか心躍る。
 
ほとんど敵のパレスなのが残念でなりません。
 
世の中をどう見ているか。
 
周囲の人物をどう見ているか。
 
その世界で最も価値があるものは何なのか。
 
考えただけでワクワクします。 
 
それから「トリックスター」やタイトルの「ペルソナ」。
 
神話や伝承の神や魔物、偉人。
 
今作ではやたら「認知」というワードが登場していましたので、
 
ちょっと調べてみたいなと思いました。
 
あとタロットカードのアルカナにも興味がわいて、自分なりに勉強したいですね。
 
こんな風に心理学や占い、神話や伝承など。
 
自分が興味ある題材が使われているので、 そこも楽しいポイントなんですよ。
 
ペルソナ5をプレイして興味を持ったものもあるので、
 
そういう意味でも大満足でした!
 
 
 
 

ペルソナ5のここが残念

 
 

1.ダンジョンが長い

 
長い。とにかく長い。社会人には辛い。
 
ゲームに割ける時間が少ない人間にとっては、かなり痛手だと思います。
 
ゲーム自体は楽しいし好きなところもたくさんあるけど、
 
ダンジョン攻略はとにかく苦痛でした。
 
メインのダンジョンは仕掛けもあるので、
 
ただ進めば良いだけじゃないのが、より面倒くさかったです。
 
もう一つ「メメントス」というフリーダンジョンがあるのですが、
 
こちらは入るたびにダンジョン内が変化するけど、
 
ひたすら最深部を目指せば良いだけだからその分楽でした。
 
クリアしたかったので少しずつ進めましたが、
 
サクッとしたプレイは望めないですね。
 
ただ、じっくり腰を据えてプレイ出来る環境があるなら良きゲームだと思います。
 
 

2.何かと時間がかかる演出

 
たとえば、 主人公のパラメーターが上昇すると上がったよーというエフェクトが毎回入ります。
 
ランクが上がると達成感もあるので良いなと思ってたんですが、
 
限界まで上げても毎回そのエフェクトが入るのがストレスでした。
 
しかもスキップ出来ません。
 
ものすごくストレスというわけではありませんが、
 
けっこうな頻度で入りますのでやっぱり辛かったです。
 
こういう細かいところで時間がかかってテンポを悪くしてるなと感じました。
 
 

3.真相がややこしい

 
 
キーワードはパンケーキ。
 
主人公達が敵にはめられて修羅場を迎えるのですが
 
実は主人公達も陰で動いていたということらしいです。
 
時系列が分かんなくなって、
 
途中で「???」ばかり浮かんでました。
 
そもそも主人公が記憶を辿るといったストーリー構成なので、
 
ややこしいことになっていた気がします。
 
あ、そういう手法自体は好きですよ。
 
イベント終了後に双葉に話しかけると説明してくれるので、
 
それでやっと理解した感じです。
 
とある実行犯は予想通りで、意外性はとくになかったです。
 
なので驚いたりはしなかったのですが、
 
本性を現した時の敵のテンションにびっくりしました。
 
2周目プレイした時に確認したら、
 
主人公達が密会しているシーンに入りそうなところで
 
なんかぼややーんとしておりましたね。
 
「え? え? どういうことなの!?」
 
「主人公死んだのっ!?」
 
となっていたので、まんまと手のひらで転がされておりました。
 
 
 

4.春の出番が少ない

 
奥村春がほんわか可愛くて好きなのですが、本格的に出てくるのが9月です。
 
遅い、遅いよ春っ!!!
 
彼女のコープが始まるのも10月の終わりごろです。
 
もっと早くから春の活躍を見たかった。
 
仲間になるのが遅いですが私的には超有能キャラです。
 
銃のスキル持ちなのですが「ワンショットキル」がめちゃくちゃ使えました!
 
銃撃属性の攻撃力が上がるスキル技も覚えますので、
 
安定したダメージを与えてた気がします。
 
好き補正入ってたらすみません。
 
 
 
 

まとめ

 

いやー、長かった。

 

とてつもない達成感があります。

 

総プレイ時間200時間超えです(笑)

 

2周目で満足したのでクリアしたら別のゲームに移行しますが

 

また追加要素があるものがもし出たら買ってしまいそうな気がします。

 

それぐらい熱中してプレイしました。

 

 

 

ここまでお付き合いくださりありがとうございました!!

 

 

 

なゆき