ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずにご紹介するブログです。主に取り扱っているのはゲーム・ドラマ・アニメ・映画・書籍系。たまーに雑記も書いております。

【映画】二人の幼女が印象的な『エスター』の感想【ホラー】

f:id:remuri:20181031052320j:plain

 
なゆきでーす! うちのブログ、ホラー率高い気がする!! こちらはホラー映画「エスター」の感想記事です。※ネタバレあり。公式サイトでは見つけられなかったのですが、有料動画サイトではR15+と書かれていたのでお気を付けくださいませ。

 

 

1.幼女に追いつめられるホラー

主なジャンル:サスペンス、ホラー


レオナルド・ディカプリオも制作に関わっているらしいですね。原題は「Orphan(オーファン)」。孤児という意味です。


もうパッケージからしてインパクトありすぎます。パッケージではエスターがドーンと描かれていてちょっと怖いですが、実際のエスターは可愛いですよ。初登場シーンは「なんだ可愛い女の子じゃん」と思ってました。


主人公サイドはエスターを引き取るコールマン家。タイトルにもなっているエスターも、主人公と言っても良いのかもしれません。コールマン家がエスターを迎え入れたことにより、家庭崩壊まで追いつめられるお話です。 

 

残酷な描写も割と少ないので見やすい部類に入ると思います。気になる方は、是非見てみてくださいね。

 

1.幼女が怖いというより腹立たしい!

私が物語の中で感情移入していたのは、母のケイトと兄妹のダニエルとマックスでした。なので家族の和を乱すエスターには、恐怖というより腹が立ってしょうがなかったです!(笑)


視聴者からしたら、エスターの行動は丸分かりなので観ててヤキモキさせられました。ケイトはエスターの犯行を目撃したりはしないのですが、割と早い段階でエスターの異常さに気づくんですよね。女性の勘というのもあるのでしょうか。


物語を観る限りエスターは終始自分のために行動し、自らの願望のためなら幼い子供にさえも容赦のない人物です。殺害すら厭わないので、極めて危険な存在ですね。


エスターが子供であることを最大限利用しているので、何度「こしゃくな…」と思ったか分かりません。ケイトが信じてと周囲に訴えるのに、むしろ疑われていて胸が痛かった。


子供を心から心配しているケイトとのシンクロ率が高かったですね。個人的にはエスターだけでなく、お父さんにも腹が立ってました(笑) エスターを可愛がっていて庇いたいのも分かるのですが、実の子が脅迫されているのに鈍感すぎなんじゃと言いたい。お父さんが離婚して子供を連れて行くと言い出した時はホントやめてって思いました。


確実に全員死ぬから。


気づかないというよりは、現実を受け入れようとしていなかったのかな。何にしても判断力に欠け、危機感に乏しい人物ではあったと思います。でも面白いと思ったのは、事件に気づいちゃう人って死亡率が高いイメージがありますが、本作では無傷ではないけど割と生存率が高かった印象があります。


逆に真相に一番遠い人が死亡してしまいました。エスターの異常さに気づいた頃には、デッドエンド一歩手前でしたね。もう手遅れ。それが死んだ要因かもしれないです。 

2.もう一人の幼女はとにかく可愛い!

難聴の女の子、マックスが本当に可愛らしい! 笑顔がもう天使。妹なんだけど、兄のダニエルより大人っぽく見えました。アリアーナ・エンジニアさんが演じてます。成長しても可愛い!! 映画版『バイオハザードⅤ』にも出演してます。


ダニエルはエスターに対して冷たいのですが、マックスは新しい姉が出来ることを喜んでいて素直なのも魅力なんです。ダニエルのエスターに対する直観は当たっているんですけどね(笑)


なんとなくマックスは両親の悲しみを感じ取っていて、だからこそエスターに対しても心を開いていたのかなって思いました。ホラー映画ですがマックスの存在にはかなり癒されてましたね~。


初登場の書いた絵を見せてくれるシーンで、猛烈に娘が欲しくなりました(笑)


マックスはエスターを初っ端から受け入れていて慕っていたのですが、途中からかなり危うい立場になります。それでもここぞという時には、勇気を出して行動してくれる子でした。マックスが頑張ってくれたから、家族の大半が生き残れたんだと思います。氷上の場面では、お母さんを助けなきゃって思ったんだろうな。


エスターの一番近くにいたのはマックスだと思うので、本当にどうなるか心配だったのです。最初はエスターを庇っていたけど、結果的に良い選択をしていたかなと思います。


エスターも利用価値があると思ったのか、マックスを殺害しようとは思ってなかった気がします。本格的に邪魔になれば殺す気でいたのかなーと。シスターの件も、車での件も、目的は別の所にあって「死んじゃえばそれはそれでオッケー」ぐらいに思ってたのではないでしょうか。


物語の中でもかなり活躍してくれたのでマックスにも大注目していただきたいですね。 

3.心に残るシーンがけっこう多い!

強烈に印象に残ってるのが全てエスターのシーンです。エスター役を演じた子役さんの演技が本当に素晴らしいんですよ。鬼気迫るものがあるというか、凄みを感じました。当時12歳だったらしいですね。イザベル・ファーマンさんという女優さんです。


あの幼さで腹立たしくも恐ろしい演技が出来るのって凄いです。表情も良いんですよ~。子供らしく笑ってるところもあれば、不敵な笑みをしたり、自分の思い通りに事が運んでニヤッとしたりする。感心するばかりでしたー。いくつか印象に残ったシーンを紹介します。


・同級生に首のリボンをはずされそうになる

急に叫びます。「狂気的ってこういうことかもしれない」と思ったシーンです。事前に首のリボンについては説明があったので一悶着あるなと思ったのですが、予想以上の叫びっぷりでした。

 

・トイレで大暴れするシーン

「この子ヤバい」と、ちょっと引いたシーンでした。


・ダニエルが必死に助けを求める様子をニヤニヤしながら見てる

口封じが目的でダニエル殺害を企てますが、もう楽しんでるようにしか見えない。


・化粧を落とすシーン

濃い目の黒いアイメイクだから、顔も黒くなっていて、形相が本当に恐ろしいものになっています。これから起きるであろう惨劇を想像すると怖くてたまりません! 化粧をとった後は顔が一気に老けるのですが、もう大人の女性に見えましたね。


他作品を引き合いに出してしまうのですが、「ミザリー」にも感じたけど女性の情念ってホントこわい。 

4.腹は立つけど考えさせられる!

エスターを観た方でも、様々な感想がありました。私自身は全くエスターに同情はしなかったのですが、『病気で普通の恋愛が出来なかった』というのは確かに自分だったら辛かっただろうなと思います。


エスターって子供の側面と大人の側面、どちらも持っているのですよね。頭が良いエスターですが、けっこうその場の勢いで行動していましたよね。犯行を重ねるほどボロが出てたと思います。


「人を思うように誘導していて上手いなぁ」と思ったのですが、いきなり女として迫って上手くいくと思ったのでしょうか? エスターの心情は一切語られていないのですが、特に深く考えてなかったのかもしれません。

 

絵から内面を考えると、残虐さとジョンへの熱い思い、ケイトへの嫉妬を感じられましたね。エスターは人格が凶暴らしいのでそこも問題ですが、どうやったら恋愛が上手くいったかなー。でも、人の旦那に手を出そうとしている時点で上手くいく気がしないですよね。


そういえばケイトに対して冷たくなったのは、夫婦でいちゃついてる所をエスターが目撃してからだった気がします。ある意味、この映画って女の戦いなんですよね。女の幸せが欲しい気持ちは分かります。 

5.終わり良ければ全てよし!


本作は一応問題は解決します(ダメージは大きい)。なので私としてはエスターに散々振り回されたけど、助かって良かったで終われました。


これがエスターの勝利で終わっていたなら、自分の中での評価は下がっていたかもしれないです(※内容によります)。気持ちの行き場がなくなっちゃいますからね。


最後エスターはどうなったのでしょうか。生きてるのか、死んだのか。個人的にはエスターは死んだと考えてます。完全に首の骨が折れてるように見えたし、話的にも綺麗に終わっていたのでね。

 

どうやら『エスター』には、もう一つのエンディングも存在するようです。  

2.『エスター』の配信情報


腹立つとか書きましたが、めちゃくちゃ面白かったです! ずっと気にはなっていたのですが、なんとなく怖そうで後回しにしちゃったんですよね。でもエスターも含めてキャラクターも良かったし、話も最後まで楽しむことが出来ました。ホラー映画ですが人間がこわい系なので、オカルト要素は一切出ないです。公開は2009年。時間は123分となります。   

 

・見放題の配信情報について

【Hulu】〇(字幕版・吹き替え版あり)

【NETFLIX】✖

【Amazonプライム】〇(字幕版・吹き替え版あり)

(※2018年11月4日確認)