ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずご紹介するブログです。

【海外ドラマ】ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1 の感想&紹介【NETFLIXオリジナルドラマ】

 

 

なゆきでございます!


こちらはNETFLIXオリジナルドラマ『ストレンジャーシングス 未知の世界』の感想&紹介記事です。


前半はネタバレなしにどのようなドラマなのか紹介し、後半ではネタバレを交えた感想を書いております。


NETFLIXオリジナルというだけに、NETFLIXでのみ配信されている作品です。


※ネタバレについて


こちらの記事ではネタバレが含まれていますが、感想に必要だと思った範囲で明かしております。


ネタバレが気になる方、これから視聴予定の方はお気をつけくださいませ。

 
現在はシーズン2まで配信されています!

(※現在はシーズン1~2まで視聴可能)


シーズン3も製作中ですよ!!

 

 

 

 

 

 

1.『ストレンジャーシングス 未知の世界』の作品紹介

 

1.様々な要素を詰め込んだSFホラードラマ


主なジャンル:SF、ホラー、ミステリー、超常現象、青春、友情、恋愛、家族愛


製作・監督・脚本:ザ・ダファー・ブラザーズ(ご兄弟)


配信された年:2016年


話数:8話


時間:45分~60分前後


配信されているサービス:NETFLIXのみ

 

80年代が舞台ともあって、懐かしさを感じるドラマ。


興味ある方は是非観ていただきたい作品です!


本作にはたくさんの映画のオマージュがあるらしいのですが、私が気づけたのは数か所だけでした(笑)


そこらへんは全然説明できないのですが、映画について詳しくなくても全然楽しめますので大丈夫ですよー。


むしろ、興味が沸いて色んな作品が観たくなるかもしれません。


私も調べて色んな映画を観てみたいなーと思いました。


『ET』のオマージュがあったのですが、自転車のくだりしか覚えてないから久しぶりに観たいですねー。


本作には色んなジャンルが詰め込まれてて、きとんとまとめられてるのですよね。


なんでかなって考えてみたのですが、


群像劇に近い作風で、様々な登場人物に焦点を当てているからだと思います。


目的はみんな『いなくなってしまった少年の捜索』なのですが、


おおまかに分ければ3~4サイドぐらいに分かれています。


それぞれのキャラクターにより、ちょっと雰囲気も変わったりしてるのが面白い点なんですよね。


事件への関与の仕方もそれぞれ違うので、物語の見え方も違うように感じるかと思います。


例えば、行方不明となった少年の友達グループ。


彼らは物語のキーパーソンである少女と出会い、彼女と一緒に事件に立ち向かっていきます。


ボーイ・ミーツ・ガール的な展開なんですよね。


それから、警察署長さん。


警察官という立場から、独自に事件を調べています。


警察官ならではの展開でドキドキしながら観ていました。


こんな感じで、それぞれの立場により得る情報も違うし、物語を色んな面から楽しむことができるんですよね。


しかも登場人物らの目的がみんな同じでひとりの少年に向けられてるってのも面白いのです。


その少年自体は行方不明になるという設定上出番は多くないのですが、彼も立派な主人公だと思いました。

 

 

2.簡単なあらすじ


1983年。


インディアナ州ホーキンスという小さな町での出来事。


仲良し4人組のマイク、ウィル、ルーカス、ダスティンはテーブルトークRPGで遊んでいました。


そろそろ時間だと家族に言われ、その場はお開きとなりました。


その帰り道で、ひとり自転車を漕いでいたウィルが謎の存在と遭遇します。


危険を感じたウィルは自宅へ逃げ込みますが、家族はいません。


そこで小屋にある銃で対抗しようとしますが、奴はもう建物の中に…。


序盤の展開はこんな感じです。

 

 

 

3.登場人物


少年グループ


マイク:フィン・ヴォルフハルト


ルーカス:ケイレブ・マクラフリン


ダスティン:ゲイテン・マタラッツォ


ウィル:ノア・シュナップ


イレブン(エル):ミリー・ボビー・ブラウン

 


少年たちの家族


ジョイスウィノナ・ライダー


ジョナサン:チャーリー・ヒートン


ナンシー:ナタリア・ダイアー


カレン:カーラ・ブオノ

 


その他


ホッパー署長:デヴィッド・ハーバー


スティーブ:ジョー・キーリー


バーバラ:シャノン・パーサー


ブレナー博士:マシュー・モディーン

 

 

  

2.『ストレンジャーシングス 未知の世界』の感想(※ここからネタバレあり)

 

1.キャラクターがみんな魅力的!


登場人物ほとんどを好きになれる作品に出会えたらラッキーだと思っちゃいます。


やっぱり思い出深いですからねー。


子供サイドはみんな可愛いし。


高校生サイドは、ジョナサンとナンシーの徐々に距離が縮まるところが良い。


ウィルのお母さん・ジョイスは息子を思う姿が真摯に描かれていて良かった。


それにホッパー署長はとにかく格好良くて頼りになる!


やはり良い作品には、魅力的なキャラクターが付き物だと思わせてくれました。


みんな好きなのですが特にお気に入りなのは、


エルとマイクとジョナサンとジョイスとホッパー署長と…ほとんどですね(笑)

 

エル


エルは本当ね。可愛すぎてやられるよ。


それにかっこよさもあるのです。


鼻を拭うしぐさがあんなにかっこいい子、始めて見ました(笑)


あんまり話すのが得意ではなく拙い話し方をするのですが、それが可愛くて可愛くてしょうがないです!


それに純粋な良い子だし、少しずつ色んなことを知って成長していくのですよね。


応援したくなる魅力溢れるキャラクターです。

 


ジョナサン


ウィルのお兄さんですね。


弟思いで母親思い。


高校生でバイトしながら、食事も用意してくれる出来た良いお兄さんです。


学校では目立たない存在なのかな?


ちょっと家族以外には心開いてない感じが、自分的にはツボでした。


ナンシーの選択が解せん。何故そっちへ行った!


私は断然ジョナサン派です。

 


ジョイス


子供のために頑張るお母さんを久しぶりに見ました。


どちらかと言うと子供のために頑張るお父さんの作品ばかり見ていたのですよね。


ジョイスは間違いなく歴代のお母さんの中でも記憶に残るキャラです。


周囲が死んだと思っている中、息子が生きてると信じ必死に助けようとする姿には胸を打たれました。


みんなの理解を中々得られなくてヤキモキしますが、ジョイスこそが真実に近いところにいるのですよね。

 

ホッパー署長


署長の役職は伊達じゃない(笑)


頼りになる大人代表ですよね。


子供たちみたいにエルが傍にいるわけでもなければ、未知のモンスターとも遭遇しない。


そんな中で経験から来る勘の良さで事件に近づくのはさすがだと思いました。


真相を調べるための建物への侵入や突発的な状況への対処法など。


警察官の彼だからこそ出来たことだよなと思えます。


物語の中で、物理的な戦闘力は彼が一番ですし。

 


ナンシー


ナンシーは優等生で堅物な女の子。


でもそこから抜け出したくて足掻いてる。


「本当はもっと色んなことしてみたいんだ!」って印象を受ける子でしたね。


恋愛にのめり込んでるよりは、


事件を解決しようと活き込んでる彼女の方が魅力的だと思いました。


なかなか勇敢な女の子ですよね。


それにしてもスレンダーな方です。

 


マイク


子供サイド代表。


本当に可愛い顔した男の子ですよね。


マイクはザ・青春といった感じです(笑)


特別な設定も能力もない普通の男の子です。


そんな男の子が不思議少女と出会って恋をする。


もしかしたら日本のアニメや漫画の王道的な主人公かもしれませんね。


エルに可愛いと聞かれて、さらっと「もちろん可愛いよ」と言えるのがやるなと思いました(笑)

 


スティーブ(おまけ)


ほとんどのキャラが好きなのですが、スティーブは微妙でした。


リア充っぽいところが相容れない感じがして(笑)


でも、彼なりに恋愛の本気だったのかなって思うし。


悪いことして謝りに来たりと、完全に悪い奴ではないのかもと考えを改めました。

 

 

2.恋愛要素が超自分好み!


本作での恋愛要素は二つあって。


一つはマイクとエル。


もう一つはナンシーとジョナサン+αの三角関係。


これがもうどっちも好きすぎて困った。

 


マイクとエル


幼い二人の恋ということで、とてつもなくピュアです。


このぐらいの年の恋愛って、本当に可愛くて好きなんですよ。


甘酸っぱさがこれでもかってぐらいに詰まってますね。


マイクは初っ端から女の子として意識してるけど、


エルは友達という言葉すら知らない子で、


マイクとの関わりの中で少しずつ女の子らしさが芽生えてゆくのです。


もう二人の関係が綺麗すぎて心が浄化したと思います(笑)


喧嘩もするのですが(エルの言葉足らずに誤解することが多い)、


仲直りしてより関係が深まるのですよね。


二人関連のエピソードは全部良いです!!

 


ジョナサンとナンシー


三角関係というよりは、


あまり接点のなかった二人が事件を通して徐々に関係が深まっていくのが好きです。


くっつきそうでくっつかない。


お互い意識してるのに、踏み込めない。


恋愛のもどかしさがこれでもかって詰まってます。


ジョナサンが奥手っぽいところも良いんですよ。


ガツガツしてないのが良い!


だからこそ進展しなかったと言っても良いかもしれないです(笑)


お互いに言いたいこと言って、本音で話してる関係も良いなって思いました。


次のシーズンでは二人の関係がどうなるのか気になるところですねー。

 

 

3.友情に熱い子供たち


5人の子供たちの友情も見所の一つです。


それぞれ子供たちも考えてることがあって、


意見が合わずに対立しちゃうこともあるんですよね。


特にルーカスとマイクがよく喧嘩します。


ダスティンが仲裁役です。


喧嘩してもお互いに大好きなのが分かるから、微笑ましく見守っていました(笑)


子供たちが抱き合うシーンは感動的で好きです。


ほろりとしてしまいます。

 

 

4.家族愛も濃厚に描かれている


ウィルとジョナサンとジョイス


お母さんと息子二人の三人家族ですね。


バイヤーズ家の絆がとても温かいです。


ストレンジャーシングスでは、バイヤーズ家のやりとりが丁寧に描かれています。


ウィルも可愛くて良い子なんですよ。


それぞれのエピソードで、兄と母がどれだけウィルを思ってるか伝わって来ます。


ジョナサンとジョイスの関係もちゃんとあって、それぞれの描写があるのが良いと思いました。


ぶかつりながらも、互いを大事にしてるんだなって。


最後のシーンは本当に温かでこっちまで笑顔になっちゃいましたね。


マイクの家庭も描かれているんですが、バイヤーズ家とは対照的でした。


裕福に見えるけど、違和感がある家族。


子供たちは決して親に頼らないし、本音を言わない。


お父さんは物凄く影が薄いですし(笑)


お母さんが『鍵開け』のスキルを発揮したときは、すごいと思いました。

 

 

5.物語の本筋について


複数の主人公がいる作品で、最後らへんにみんな集まって事件に立ち向かってくのが盛り上がって良いですよ。


こういう話は大好物でして、現実から非現実が混じり合う感じも良い。


現実とは表裏一体の世界があるってのが、心惹かれる要素でした。


主人公たちの目的は一応達成されますので、全く何も解決せずに終了することはありません。


ただ超常現象に関する答えもないので、一体なんだったんだって感じになっちゃいました。


あとちょっと不穏な部分もあって、次作ではどうなっちゃうのかなっていう心配もあります。


次回への伏線なので、ドキドキしつつ観たいと思います!

 

 

3.『ストレンジャーシングス 未知の世界』の感想まとめ


今やNETFLIXの代表作の一つですよね。


次回も非常に楽しみです。


現在はもうシーズン3の製作中で、来年には観れますかねー?


ここまでお付き合いくださりありがとうございます!

 

なゆき