ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずご紹介するブログです。

【映画】シャーク・ナイトの紹介&レビュー【サメ】

 


なゆきでございます!


今回は映画『シャーク・ナイト』の紹介&感想記事です。


前半はネタバレなしにどのような映画か紹介し、後半ではネタバレを交えた感想を書いております。


※こちらの記事には感想に必要だと思った範囲でネタバレしております。お気をつけくださいませ。

 

PG-12指定の映画となっておりますのでお気を付け下さい。

 

 

1.『シャーク・ナイト』の作品紹介

1.湖に放たれたサメたち


ジャンル:パニックホラー


公開:2011年(※日本では2012年)


時間:91分


今回はブログ運営をしている中で、骨休めに観たサメ映画『シャークナイト』についてご紹介します。


時々、B級映画がとてつもなく観たくなるんですよー!


特に最近シリアスな作品を多くみていて、色々と考えさせられているので(笑)


何も考えずにボーっと観れる作品が恋しくなります。


考えさせられる内容の話も大好きなのですが、ずっとみていると疲れちゃうんですよね。


そういう時に気軽に視聴出来るのが日常系の作品とB級映画。


数ある映画の中でこの作品を選んだのは本当に単純で、


「なんか…サメ観たい!!!!」でした(笑)


出来れば誰も知らないようなマイナーなものが良かったので、


契約している動画サービスの中から、インパクトのあるパッケージだった本作を選びました。


『ジョーズ』や『ディープ・ブルー』ぐらいしか知らないのですが、サメ映画って色々あるんですねー。


本作はホラーの定番でパリピな学生たちがバカンスに別荘地に訪れるといった内容です。


そこでサメに襲われます。


それ以上でもそれ以下でもないのですが(笑)、色々とツッコミつつ楽しみました。


目新しさはないのですが、舞台が海ではなく湖です。


サメやモンスター系の映画観て、記事にするのも面白いかも!?

 

2.簡単なあらすじ


女子大生のサラとその仲間たちが、湖にバカンスへやって来ます。


それぞれバカンスを楽しむ7名の大学生たち。


そんな時、ウォータースポーツを楽しんでいたら、仲間のマリクが大けがを負ってしまいました。


みんなで必死にマリクを助けようとします。


ニックがマリクの切断された腕を湖で探し出していると、


なんと湖にいないはずのサメが迫ってきていました。


あらすじはこんな感じです。

 

3.キャスト


サラ:サラ・パクストン


ニック:ダスティン・ミリガン


ベス:キャサリン・マクフィー


ゴードン:ジョエル・デヴィッド・ムーア


マリク:シンカ・ウォールズ


マヤ:アリッサ・ディアス


ブレイク:クリス・ジルカ


デニス:クリス・カーマック


レッド:ジョシュア・レナード


グレッグ保安官:ドナル・ローグ


シャーマン:犬

 

2.『シャーク・ナイト』の感想(※ここからネタバレあり)

1.オープニングが長いよ!!


約3分サメの映像を見せられます。


「お、始まるのか!?」→まだサメの映像→「もうそろそろ始まるだろ!?」→まだまだサメの映像


なかなか本編が始まらないっ!!


「はよ、始まれ」と焦らされつつ待機です(笑)


ちなみにエンディングも10分ぐらいあります。


そう考えると、元々1時間半の短い内容ですが、本編はもっと短いってことですよね。


最後の最後に謎の歌の映像があります。


なんだこれと思いつつ最後まで観てしまった(笑)

 

2.やっぱりサメは怖いよ!!


私の中で一番怖いシチュエーションって水中なんですよね。


水中で向かってくるサメはやっぱり迫力ありまくりです。


しかも何体もいるし、どこからでも出てくるんです!


湖に囲まれた孤島が舞台で、電話も通じない、湖はサメだらけ。


湖にサメがいるなんて思わないから、実際いたら怖いですよね。


私なら絶対孤島から出ないです!


仲間のひとりが大けがをしなければ、湖に出なかったんだろうな。


何度も水中に行くことになるので、いつ来るかとドキドキしながら観ていました!


本作のサメは超アクロバティックで飛び跳ねます!!


実際にサメって飛ぶのかなと思って、


『サメ』『飛ぶ』で検索してみたらおもしろ画像出てきて笑いました。


最近のサメは海をも超えるんだ(笑)

 

3.一番応援していたのはこの子!!

 

こういうタイプの作品では誰が最後まで生き残るのか予想したり、

 

もしくはこの子には生き残って欲しいなって思ったりしませんか?


私が応援してたのはわんこです。


シャーマン。


もう可愛いし、お利口だし、最高!

 

色んな意味で癒しだった。


悪党がシャーマンを湖に放り出した時は「やめろや」と思いましたが、

 

よく生きてた~!!


この映画で一番嬉しかった瞬間でした。


しかも武器を取って来てくれるからね。超有能。

 

 

こういう映画の登場人物って全く感情移入しないのですが、

 

バカンスでちょっと浮かれてるだけで割と真面目な子が多かった印象です。

 

そんな子たちが、悪い大人に良い様にされるのが見てて可哀想になってきた。

 

本作は純粋にサメVS人間という図式ではないので、そこが残念でした。

 

人物の描写は少ないのですが、ヒロインのサラや熱い男マリクなど、

 

意外と好きなキャラいたなー。

 

3.『シャーク・ナイト』の感想まとめ


見放題で配信されているサービス:Amazonプライム


吹き替え版、字幕版、どちらもあります。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

 

なゆき