ストーリー重視ブログ

ストーリーがあるものならジャンルを問わずにご紹介するブログです。主に取り扱っているのはゲーム・ドラマ・アニメ・映画・書籍系。たまーに雑記も書いております。

【アニメ】主人公に感情移入してしまう!『A.I.C.O. Incarnation』の感想!【NETFLIX】

 
なゆきです!! 今回ご紹介するのはオリジナルアニメ『A.I.C.O. Incarnation(アイコ インカーネイション)』です。※ネタバレあります。
 
 
 
【公式サイト】A.I.C.O. Incarnation
 

1.女性主人公のバイオ系SFアニメ!

皆さん、『NETFLIX』って知ってますか? お金を払うと様々な映像作品が観れる動画配信サービスです。海外ドラマのイメージが強いですが、実はアニメもけっこう用意されているんですよね。
 
本作『A.I.C.O. Incarnation』もNETFLIXで配信されているオリジナルアニメなんです! しかも観れるのはNETFLIXだけ! ちなみにIncarnationは『化身』という意味だそうです。へえ~。
 
原作は『BONES』。私がBONESで好きなのは『交響詩篇エウレカセブン』ですね~!
 
『A.I.C.O. Incarnation』は作画も非常に美しいです! 「どっかで見た絵だ」と思っていたのですが、監督・キャラデザ・音楽も『翠星のガルガンティア』の方ですよね。監督が村田和也さん。キャラデザが鳴子ハナハルさん。音楽は岩代太郎さんです。
2035年。近未来の日本でのお話です。ジャンルはバイオ系+SF+アクション。専門用語がこれでもかってくらい出てきます。半分も理解してませんでしたが、主人公の目的が『大切な人たちを救うため目的地に辿り着くこと』というシンプルなものです。
 
なので、置いてけぼりになることはありませんでした。話も12話できちんと完結しており、問題が解決せずに終わるといったこともなかったです。
 
女性主人公ということもあり、どんな活躍をするのかとても楽しみでした。この作品は本当に『主人公アイコの物語』だと言える納得の出来です。
 
主人公が誰よりも悩み、苦しみ、決意していく過程が描かれています。最後には誰よりも愛着が沸くキャラクターになっていました。
 
主人公たちはある目的のため危険地帯(黒部峡谷~くろべきょうこく)に足を踏み入れることになります。そこで障害となるのが『マター』という人工生命体です。
 
これがめちゃくちゃ気持ち悪いっ! どこまでも増殖する肉々しい生物といった所でしょうか。しかも強い!! さまざまな種類が存在し、一時的に沈静化することでしか対処できません。マターに飲み込まれたら終わりです。
 
そんな敵に立ち向かっていかなくてはならないので、主人公たちの目的達成がいかに困難か想像できます。 なのでずっとドキドキしっぱなしでした。
 
登場人物たちも魅力的です。それぞれ思惑があって行動していて、不要だと思うキャラはひとりもいませんでした。
 
印象深い台詞や好きなシーンがいくつもあります!
 
シリアスかつ惹き込まれるストーリー、マターとの熾烈を極めた戦い、橘アイコと神崎雄哉の関係性、アイコの仲間となるダイバーたちの魅力、明かされる真実。
 
色んな要素がぎゅっと凝縮されています。視聴後には「良い作品を観た」という満足感と「アイコの物語が終わってしまった寂しさ」がほんの少しある。そんな心に残る作品になっていました。叶うなら、もっとこの世界に浸っていたかったな~。 
 
 

1.主人公アイコが好きすぎて幸せ!!

泣ける作品かどうかは、人それぞれだと思ってる筆者です。なので「泣ける作品」とは紹介したくないから、この感想部分で書かせてください。
 
もうめっちゃ泣いた!!!
 
ずっとアイコに感情移入していたので、後半のアイコには泣かずにはいられませんでした。運命が過酷すぎるし、試練しかないんです!
 
アイコが辛すぎる真実を受け入れられないのが分かる。私自身も「嘘だっ!」 って思いました。だから、全てを返す決意をしたアイコの強さには涙せずにいられなかったのです。
 
もちろん人々を救うためという気持ちもあったけど、一番は家族を救いたいがためですよね! あの揺るがない意思の強さを感じさせる表情が大好き。
 
アイコは非力なので、彼女が前線に出るといったことはほとんどないのです。それでも自分が出来ることを探して、痛みに耐え続け、恐怖を乗り越え武器も手に取るようにまでなります。
 
アイコという存在が本物か偽物か。考えさせられる描写がいくつも出て来ます。仲間のために涙を流し、家族を心から愛するアイコを誰が否定出来るんでしょうか? 「アイコはアイコだよ!」と、顔を涙でぐちゃぐちゃにしながら心の中で叫んでました(笑)
 
アイコが神崎を見つめていうセリフ。
 
「私はあなたのウソで出来ている」(11話『矜持』より引用)
 
とてつもなく心に残っています。全てを受け入れて、吹っ切れた顔をしているんですよね。もう怖いものなんてないってぐらい、心の強さを感じます。
 
そして事故で亡くなったお父さんが、アイコをずっと守ってくれていた事実に号泣。
 
お父さんにアイコを守る意図があったかどうかは分からないけど、結果的にアイコを守ってくれたんですよね。それを思うとアイコ自身への愛が感じられてとても感動的でした。 

2.神崎雄哉の物語でもある

主人公っぽいなーって思ってたら、公式サイトにもう一人の主人公って書いてました!   
 
ミステリアスな魅力がある神崎雄哉。謎めいた美少年で、絶対秘密があると確信してました!
 
年齢の割に落ち着きがあり、冷静沈着。常にアイコのことを気にかけてくれる存在で、一番の理解者だと思ってました。
 
なので彼の目的を知った時は唖然。アイコに感情移入する方なら、彼にとてつもない距離感を持つのではないのでしょうか。私は持ちました(笑)
 
感情をあまり出さないので分かりにくいですが、彼なりに葛藤している描写が出てくるんですよね。アイコへの必死さは、責任感や本物アイコを救済するためでもあるけど、アイコ自身への思いもあると私は思います。
 
目的を果たしたら神崎自身も消えようとしていたっぽいですし。アイコだけを犠牲にする気は元々なかったんだろうな。
 
それに神崎も自分を偽物だと感じていたけど、アイコとの交流を通して考え方が変わったんだなと思いました。
 
最終的にアイコもまたひとりの生命として認めてくれて、守ろうとしてくれたことが何より嬉しい展開でした。アイコと神崎、二人がガラス越しに手を重ね合うシーンはすごく良かった。
 
あの仏頂面の神崎が、アイコのためにボロボロ泣いていたのは印象的です。
 
これからはアイコと共に人生を歩んでいくのでしょうか? めちゃくちゃ後日談が気になります! 

3.それぞれの戦い

任務を共にする仲間や裏で暗躍する者など、複数の人物が活躍しています。特に前線に立って戦ってくれた6名の仲間たち。彼らがいなければ、アイコと神崎が目的地に辿り着くことは出来なかったでしょう。
 
彼らの「ウィルコー!」という掛け声大好きです(笑) たぶん「了解」って意味だと思います。
 
どの人物も魅力的ですが、特に好きだったのは白石さん。包容力豊かな女性で、美人だし、頼りになるお姉さんって感じで素敵です! 何かまだ秘密がありそうな印象を受けました。
 
一樹も良い! 本物とか偽物とか関係なくアイコ自身を好きになってくれた子。彼のアイコに対するまっすぐな言葉は、神崎にも影響を与えたのではないかと思います。一樹の告白シーンは凄く良かった!! 好きになった女の子を助けたい、そんな思いにあふれている良キャラです。
 
クローズアップされることが多かった相模と楓のコンビも好きです。サラッと描かれているところが逆に良い! 10話『選択』で楓が相模の後を追うのも、遙香がさりげなく背中を押すのも良かったなー。
 
アイコ達以外で何気なく好きだったのは、南原さんです! 冷酷な敵役だと予想していたのですが、ひとりラーメンを食べてる姿を見てなんか好きになってしまった(笑) 意外にも庶民派なところが良い! かっこいい女性でもあります。
 
アイコと神崎をメインとしつつ、科学者たち・ダイバーたちそれぞれにもエピソードが存在するのですよね。どの人物もきちんと役割があって、それぞれのやり方で活躍していたのが物語に深みを与えていたと思います。 
 

4.用語解説

・ダイバー
災害地域に残された研究資産を回収する人たち。それで収入を得ている。マターに対抗するため強化スーツを着用。二人一組のバディを組んでいる。
 
・プライマリーポイント
災害が発生した地点。主人公たちの目的地。 
 

2.『A.I.C.O. Incarnation』の配信情報

主人公、キャラ、ストーリー、映像、音楽、全部好きな作品がまた増えました! 海外ドラマ目的に入ったネトフリですが、今後のアニメにも期待してしまいます。
 
【配信された年】2018年
【話数】12話 
  
NETFLIXで1話~12話まで配信中!
(※2018年11月3日確認)